ユーグレナがくれた贈り物、パラミロンを使ったサプリ

成分の特徴

二の腕を気にしている女性

ユーグレナだけ

例えば、「この世で笑うことが出来るのは人間だけ」という言葉があります。少なくとも、笑顔を浮かべることが出来るのは人間だけであると。
だから、人は美しい存在なのだとヒューマニストたちは言いますが、こういうふうに、「ある種の生物だけが持っているもの」というのは他にもあります。
鼻の上に角を生やしているのはサイだけ、とか。

パラミロンに関して言えば、これを体内に含有している生物は、地球上にはただ一種、ユーグレナを除いては存在していません。人も、犬も、蟻も、サイも、パラミロンをその身体に含有していません。
杉にもひのきにもタンポポにも含まれていませんから、「動物だけが持っていない」というわけではありません。植物にも、パラミロンを持っている種はないのです。
ただ、ユーグレナ(ミドリムシ)という小さな物言わぬ生物だけが、この成分を持っているのです。

ミルクホール

微生物が微笑むのも見ることが出来るくらい、高性能な顕微鏡でパラミロンの粒子を見てみると、その表面にはボツボツと穴が空いていることが分かります。
この穴は、専門用語では「ミルクホール」と呼ばれているもので、パラミロンの粒子の他には、「炭」にも見られるそうです。
この穴が持っている役割は何かというと、穴の中にモノを吸い込むこと。炭の場合には、主に物体のニオイの粒子をその穴に吸い込むという特徴があります。
だから、炭というのは消臭効果を持った物質だと言われているのですが、パラミロンのミルクホールも、モノを吸い込みます。

具体的には、その場にある「不要なモノ」を吸い込むというのが、パラミロンのミルクホールが持っている特徴です。

↑ PAGE TOP